「コンサル半年で辞めるってあり?」そう思った時の判断基準と取るべきアクションを解説!

 
管理人
「コンサルになってまだ半年だけどもう辞めたい。。でも半年で辞めるのってキャリア的に大丈夫なのかな?」
この記事を読まれている方はそう感じているのではないでしょうか。
今回、コンサルを半年で辞めてよいかの判断基準やアクションプランについてまとめました。

やっぱり辞めるにしても半年という期間は不安になりますよね。

歯切れが悪いですが、半年で辞めてよいかはケースバイケースです。

そこで今回、半年で辞めてもよいかの判断基準や取るべきアクションについて解説していきます。

本記事では以下の疑問を解消したいと思います。

  • コンサルを半年で辞めることのメリット・デメリット
  • 半年で辞めてもよいかの判断基準
  • コンサルを辞めたいときに取るべきアクション

では早速見ていきましょう!

(先にアクションを確認したいという方は目次から飛べます)

コンサルを半年で辞める理由

コンサルを短期間で辞めていく方の理由として、以下の理由をよく聞きます。

  • 成果を出せていない
    • 仕事の難易度が高く、ついていけていない
    • 周りの社員が優秀で自分との差が大きい
  • やりたいことと業務内容が合っていない
    • 自分が積みたい経験と関係ないプロジェクトにアサインされてしまった
    • クライアントにアドバイスして終わりだけでなく、実行して結果を見たい
  • 労働環境が合っていない
    • 労働時間が長い
    • 上位者から詰められることが多く、精神的に辛い

コンサル業界は肉体的にも精神的にもハードワークになりやすい業界です。

上記の理由に当てはまる方も多いのではないでしょうか。

やはり成果を出せていなかったり労働環境が合わず、心身共に疲弊しコンサルを辞めたいと感じる方が多いようです。

また、総合コンサルティングファームは支援するサービス領域・業界が共に豊富なため、希望しないプロジェクトにアサインされたことが原因で辞める方も結構います。

コンサルを半年で辞めるメリットとデメリット

個人の人生観やキャリアプランにもよりますが、コンサルを半年で辞めることの一般的なメリット・デメリットは以下です。

メリット

  • 時間を浪費せずに済む
  • 健康を害するリスクを軽減できる

モチベーション低い状態で働いていると、成長スピードが遅いので、次のキャリアに挑戦した方が時間を浪費せずに済む可能性はあります。

また、合わない環境で我慢し続けた結果、心身の健康を害してしまうリスクも軽減できると思います。

デメリット

  • 定着・活躍できなかったという意味でキャリアに傷がつく
  • コンサルとしてのスキルや経験が身につかない

正直半年で辞めるというのはキャリア上リスクの方が大きいと感じます。

転職市場では一般的にキャリアは3年で1セットとして捉えられるため、1つの仕事を3年やり切った経験が求められます。

つまり、入社後に「定着すること」、「活躍すること」の2つが同時にできている状態になっていないと転職市場では高く評価されにくいです。

特に新卒1年目で転職するとなるとドロップアウトしたと見なされ、転職は多少なりとも不利になります。

中途でもコンサルとしてのスキルや経験は身に着けられなかったと捉えられます。

そのため、少なくとも1年は経験した方がよいと個人的には思っています。

あと、「最初の半年くらいがめっちゃキツかったけど、1年くらい経つと自然とコンサル業務に慣れていた」というのもよく聞きます。

(ただ、コンサル業界は求められるレベルも高いので、「石の上にも三年」と考える必要はないと思います。)

※あくまで一般的なメリット・デメリットですので、そもそも転職前提でないなど、個人の人生観やキャリアプラン次第でメリット・デメリットは変わります。

というように一般的にはデメリットが大きいと言いましたが、実際に辞めた方がよいかはケースによって異なります。

次章以降で、半年で辞めてもよいかの判断基準やコンサルを辞めたいときに取るべきアクションについて解説していきます!

なお、転職市場での評価ロジック等については以下の書籍が参考になります。

コンサルを半年で辞めてよいかの判断基準

コンサルを半年で辞めたいと感じたとき、どういう場合に辞めた方がよいのでしょうか?

それは辞めたい理由の以下パターンのうち、どれの比重が重いかで変わります。

  • 成果を出せていない
  • やりたいことと業務内容が合っていない
  • 労働環境が合っていない

結論、「成果を出せていない」と「やりたいことと業務内容が合っていない」の比重が重い場合はコンサルを続けるべきで、「労働環境が合っていない」の比重が重い場合はコンサルを辞める方向でアクションを取ってよいと考えています。

※入社して半年ではなく1年以上経過している場合、「やりたいことと業務内容が合っていない」の比重が重いケースもコンサルを辞める方向で動いてよいと思います。

例として、さきほど挙げた辞める理由を再掲します。

  • 成果を出せていない
    • 仕事の難易度が高く、ついていけていない
    • 周りの社員が優秀で自分との差が大きい
  • やりたいことと業務内容が合っていない
    • 自分が積みたい経験と関係ないプロジェクトにアサインされてしまった
    • クライアントにアドバイスして終わりだけでなく、実行して結果を見たい
  • 労働環境が合っていない
    • 労働時間が長い
    • 上位者から詰められることが多く、精神的に辛い

多くの方は複数の理由が重なっている状況だとは思いますが、自分要因の比重が重い場合、踏ん張るべきだと思っています。

一方、「労働環境が合っていない」の比重が重い場合、プロジェクトを変えてもらうか、条件次第ではあるのですが、コンサルを辞める方向でアクションを取った方がよいと思います。

条件というのは以下のフローで示します。

次の章で、コンサルを辞めたいときに取るべきアクションについて具体的に解説していきます。

コンサルを半年で辞めたいときに取るべきアクション

ここからアクションについて、 以下の辞めたい理由パターン別に具体的に解説していきます。

  • 成果を出せていない
  • やりたいことと業務内容が合っていない
  • 労働環境が合っていない

「成果を出せていない」の比重が重い場合

踏ん張って少し取り組み方を変えてみる

多くの方は複数の理由が重なっている状況だとは思いますが、「成果を出せていない」の比重が重い場合、踏ん張るべきだと思っています。

コンサルとして成果を出せていないときに試して欲しいこととしては、「最初にアウトプットイメージをすり合わせる」や「いかなる仕事も一つだけ自分なりの付加価値を意識する」といったことが挙げられます。

成果を出せていないときの対策として、以下の記事も参考になるかと思います!

関連記事

  管理人 「社会人1年目として会社に入社したけど、日々の業務ストレスに押しつぶされそう…うるさい上司もいるけど、経験で勝てるわけもないのでひたすら耐えるしかない。もういっそのこと今の仕事を辞めてもっと楽な仕事に就きたい。」 こんなこ[…]

関連記事

 管理人 とんとん拍子に昇進していくコンサルタントがいますよね。昇進が早い人と遅い人でどんな違いがあるのか気になったので、昇進が早い若手コンサルタントの特徴や昇進するためのアクションプランについてまとめてみました。 「あ[…]

「やりたいことと業務内容が合っていない」の比重が重い場合

現在のプロジェクトで得られるスキルや経験を整理する

まずは本当にやりたいことと業務内容が合っていないのかを判断するため、現状を整理していただきたいです。

希望しないプロジェクトにアサインされてしまうことは本当にあるあるで、私も経験があります。

なので気持ちは痛いほどよく分かるのですが、捉え方次第で自身のキャリアプランに沿っていると考えられるケースもあるのです。

例えば、私の場合だとマーケティング支援系のプロジェクトを希望していたのに、ITサービスの運用保守に入ってしまったという経験があります。

「ああ、終わった。絶対面白くないわ。」

と最初は思ってしまったんですが、実際は結構面白く、モチベーション高く働けました。

理由は運用保守には利活用推進の業務もあり、それらの業務はマーケティングに近いと感じたためです。

具体的には、利活用推進するにあたって、どうやってサービスに興味を持ってもらい、使ってもらうのか。

そもそもどういうターゲットの切り口があって(セグメンテーション)、重点的に利用を勧めるべきセグメントはどこなのか(ターゲティング)を考える。

といったように、「マーケティング業務に近いな」と思って仕事してました。

(思い込むようにしてたとも言えますが笑)

そのようなケースもあるので、 まずは本当にやりたいことと業務内容が合っていないのかを判断するため、現在のプロジェクトで得られるスキルや経験を整理してみていただきたいです。

別プロジェクトへのアサインを目指す

「現在のプロジェクトで得られるスキルや経験がやはり自身のキャリアプランにあまり必要でない」と判断した方は別プロジェクトへのアサインを目指すのがよいと思います。

プロジェクトを変えてもらうための動きをしていきましょう。

具体的には、まずできるだけ早く信頼できる上司やカウンセラーに相談しましょう。

ここでは変にごまかしたりせず、正直にしんどい理由を伝えた方がよいです。

また、とにかくプロジェクトを変えられればよいというわけではないので、自らのキャリアプランに沿うようなアサイン希望を伝えましょう。

「しんどいっていうネガティブな理由でプロジェクトを変えてもらうのにアサイン希望なんか言っていいのかな。。」なんて遠慮する必要はないです。積極的に伝えていきましょう。

「労働環境が合っていない」の比重が重い場合

理想の将来像やキャリアプランを明確にする

理想の将来像やキャリアプランが明確でなければ、それらを具体化していきましょう。

一番お手軽な方法でいえば、自分の親や友達と話をしていく中で自分の理想を言語化していくのがおすすめです。

身の回りの人に相談するのが少し照れ臭いという場合は無料のキャリアコーチングを利用してみるのがいいと思います。

キャリアコーチングでは、コーチとの対話によって自分の理想の将来像や自分の強み、そしてそれらを踏まえたキャリアプランの明確化ができます。

今では多くの方がキャリアコーチングを利用していますが、無料で体験できるので、この機会にプロのキャリアコーチングを味わってみてください。

自分のキャリア観がガラッと変わって楽になりますよ。

ポジウィルなんかは優良なキャリアコーチングで有名ですね。

理想の将来像やキャリアの方向性は見えているという方は、狙いたいポジションで求められるスキルや経験を具体的に把握しましょう。

必要なスキルや経験の解像度を上げていくためには、転職サイトに掲載されているポジションの募集要項を確認する、もしくは転職エージェントに確認するのがよいと思います。

ここで解像度を上げることを面倒くさがると、不要な経験を積み上げてしまう可能性が高まるので、しっかり解像度を上げてキャリアプランを具体化していきましょう。

また、キャリアプランの立て方について、以下の書籍も参考になります。

別プロジェクトへのアサインを目指す

キャリアプランに沿った次のキャリアを目指すには、スキルや経験やお金がまだ不十分という方は別プロジェクトへのアサインを目指すことを推奨します。

プロジェクトを変えてもらうための動きについては、「やりたいことと業務内容が合っていない」の比重が重い場合 と同様です。

コンサルを辞め、次のキャリアに進む

キャリアプラン達成のために必要なスキル/経験/お金が十分あるという方は、コンサルを辞めて次のステップに進みましょう。

キャリアプランが明確になっていて、スキルも十分あるという状態であれば、転職活動も比較的上手くいくと思います。

実際に転職活動を行う際は、転職エージェントを活用した方が効率的です。

転職エージェント自体は無料で使用できて、求職者側にはメリットしかない(フィーの支払いは企業側)なので、リクルートダイレクトスカウトなどの有名どころに登録してエージェントからの接触を待っておくのがよいでしょう。

転職先の企業が明確にイメージできると、転職活動の意欲も湧いてくるはずです。

ちなみにコンサルは転職前提で入社しているはずなので、1年目の時点でサイト登録している人がほとんどかと思いますが笑

年収800万円以上の求人多数

大事なのは辞める判断基準を言語化すること

いかがだったでしょうか。

今回、コンサルを半年で辞めてよいかの判断基準やアクションプランを解説しました。

私が提示した判断基準はあくまで一例です。

大事なのはご自身で判断基準を言語化し、アクションを取ることです。

きちんと言語化さえできていれば、納得して決断できるでしょうし、転職活動でもポジティブに語れると思います。

本記事を通じて、みなさんのキャリアを好転させることに貢献できれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

また、よかったらこちらの記事も参考にしてみてください!

関連記事

 管理人 当サイトの管理人です。新卒から3年間総合系コンサルファームで勤務後、スタートアップへ転職しました。スタートアップではマーケティング職で採用いただき、今は毎日楽しい日々を送っています。 「コンサルつまらない」とい[…]

最新情報をチェックしよう!
>アツい企業100選をLINE@で配布中です

アツい企業100選をLINE@で配布中です

運営者が今転職活動をするなら、絶対に受けたい・入社したい企業を100社厳選しました。見やすい画像で概要がまとめられています。

CTR IMG